お知らせ

ナス

日本でのナスが栽培された歴史は古く奈良時代にはナスの栽培が始まりました。

世界各地で独自の品種が栽培されており、ヨーロッパやアメリカでは白や黄緑色、明るい紫、縞模様などの品種も広く栽培されています。

栄養的にはさほど見るべき栄養素が見当たりませんが昔から体温を下げる効果があると言われています。江戸時代に書かれた和漢三才図会では、ヘタにしゃっくり止めの効果があると言われていますが、俗信の域は出ていません。

皮の色素ナスニンは抗酸化作用があるアントシアンの一種です。

ナスは90%以上が水分でカロリーは20kcalと低いのですが、ナスには特有の栄養が含まれているんです。

ナスに含まれている栄養素の、ナスニンは、ナスの皮に多く含まれている抗酸化物質です、抗酸化物質には老化や免疫機能の低下バド健康に影響を及ぼす活性酸素を取り除いたり、体内の酸素を抑制したりする効果があると言われています。

回うむが比較的多く含まれています。カリウムは塩分を体外に排出する効果があります。